toggle
2015-07-18

クラウドファンディングを利用する飲食店も多くなってきた

crowd/群集・大衆/からfunding/資金調達/を行う、クラウドファンディング。飲食店も開店やメニュー開発にかかる費用をクラウドファンディングで集めるケースが目立ってきました。個人的には、まっだちょっと不安で利用したことはありませんが、PR効果はかなりあるのではという印象です。   クラウドファンディングは、寄付や投資型もありますが、日本で増えているのは購入型。お金を出してリターンを貰うタイプです。私がよく覗く「CAMPFIRE」を例に、プロジェクト公開までの過程をご説明します。

スポンサーリンク

プロジェクトの始めかた。

「CAMPFIRE」のサイトで会員登録をした後、「プロジェクトを始める」→「プロジェクトを作る」と進んでいき、カテゴリーとタイトルを設定して「始める」をクリックすると管理画面に入ります。 管理画面で下記の内容を設定していきます。

 

1.タイトル

最も目に触れる重要な項目です。プロジェクトに関する名前で内容が伝わりやすいタイトルをつけます。40文字以内

 

2.カテゴリー

適切なカテゴリーを選びます。

 

3.キャプション

プロジェクトの概要を150文字以内で。

 

4.目標金額

クラウドファンディングで集めたい総額を決めます。500円以上から設定できます。募集期間内に目標金額を達成しないとプロジェクトは不成立となり、1円も資金が入りません。実際に不足していて必要な金額、そして集められるであろう現実的な金額を考慮して設定します。

 

5.募集終了日

1日〜80日の間で設定ができます30日から50日くらいを設定しているプロジェクトが多いようです。

 

6.メイン画像、動画

メイン画像は、トップページやプロジェクト一覧、FacebookやTwitterなどで表示されます。タイトルとセットで見てどんなプロジェクトか伝わる事が大切です。動画はなくても構いませんが、あったほうが資金が集まりやすいのは確かです。

 

7.プロジェクト本文

プロジェクト本文はプロジェクトページに記載される本文です。どんなプロジェクトなのか、何に資金が使われるのかをわかりやすく説明しつつ、支援して頂けるよう、誠実な言葉で想いを伝えます。

 

8.リターン

CAMPFIREは、投資や寄付型ではないので、支援してくれた方へ金額に応じたお返しを設定します。それがリターンです。500円以上の範囲から複数設定して、支援者に選択して頂きます。500円支援してくれたら、「お好きなドリンク1杯無料のチケットとメッセージカード」とか、 5000円支援なら、「新メニューの試食会へ招待」など、リターン内容が支援したくなる気持ちを後押しするので、価格帯に合わせた魅力的な内容を練ります。

 

9.プロフィール

CAMPFIREにユーザー登録した際のユーザー名、プロフィールがそのまま設定されます。アイコンは顔写真を載せている方が多いようです。

 

10.本人確認情報

プロジェクトオーナーに限り、本名、住所、電話番号、振込先口座の記入が必須です。(非公開) プレビュー画面を見ながら、記載内容に間違いがないか検討して申請します。早ければ3日(土日祝日年末年始を除く)で公開することができます。

 

プロジェクトが成立した際は手数料がかかります。

登録は無料ですが、成立した際は手数料がかかります。

 

募集期間内に目標金額の100%超えて達成した場合に、プロジェクトはSUCCESS(成立)となり、集まった支援総額の20%がCAMPFIREの手数料、80%があなたに支払われます(クレジットカード決済手数料は弊社負担)。 100%を越えなかった場合(不成立)は、集まった支援総額はパトロンから引き落としが行われず、私たちにもあなたにも支援総額は支払われません。その他の手数料は一切かかりません。

 

CAMPFIREでは支援者を「パトロン」と呼んでいるのですが、様々なプロジェクトを見てみると、1万円以上のリターンを選ぶパトロンがたくさんいます。中には10万円以上のリターンを選ぶ方も結構いて、慣れていない私には驚きです。最初は何故知らない人のプロジェクトにお金が出せるのか理解できなかったのですが、応援したい気持ち+リターンを買うと考えれば、普段の買い物とそう変わりはないのかもしれません。 とても簡単に始められるクラウドファンディング。想いや表現したいことを伝えられるので店のPRになり、支援せずとも、見てくれた方がファンになってくれたり、プロジェクトの内容が魅力的であれば、メディアに取り上げられる可能性もあります。ただし、お金のやりとりが行われる場所なので、トラブルを起こさないためにも、利用する際は、計画的に。

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク