toggle
2014-11-04

カフェオレとカフェラテの違いは?

コーヒースタンドでカフェオレを頼んだら「カフェオレを扱っていないので、カフェラテでよろしいですか?」と聞き直されたことはないでしょうか?エスプレッソ系を中心にしたカフェやコーヒースタンドでは、ドリップコーヒーを扱っていない店もあるので、その場合は先ほどのように、カフェラテでいいか確認を取らせて頂くことがあります。

スポンサーリンク

カフェオレとカフェラテって何がどう違うの?

カフェオレはフランス語で、カフェはコーヒー、レがミルク(牛乳)の意味です。

カフェラテはイタリア語の造語で「カッフェ・エ・ラッテ」続けて言うとカッフェラッテとなり、日本ではカフェラテと呼びます。カッフェがコーヒー、ラッテがミルク(牛乳)のことです。

日本のカフェで店名に「カッフェ~~」や「~~カッフェ」と小さい「ッ」が入るカッフェを店名に掲げている場合は「うちはイタリア系カフェですよ」「エスプレッソが自慢ですよ」ということです。

 デザインカプチーノ

カフェオレもカフェラテも簡単に言えば「コーヒー牛乳」のことなんです。ただ、イタリアではエスプレッソ抽出のコーヒーを飲むので

・カフェオレはコーヒー+ミルク

・カフェラテはエスプレッソ+ミルク で作ります。

ドリップコーヒーを使っているのがカフェオレで

エスプレッソを使っているのがカフェラテです。

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク