toggle
2015-06-09

ドッグカフェを開業する前に決めておきたいポイント

スムーズに運営するために、ドックカフェを開業する前に抑えておきたいポイントがいくつかあります。

スポンサーリンク

床材

かわいいワンコとはいえ、やはり動物と一緒に食事をするので、気を付けたいのは衛生面。

飼い主さんがマナーを守っていても、目を離した隙にそそうしちゃうことだってあります。犬種によっては抜け毛もすごいことに。

掃除しやすく、匂いが付かない材質を選びましょう。

滑りにくく、傷がつきにくい屋外用の床がおすすめです。

モルタル床にしているドッグカフェも多いのですが、モルタルは年月とともにクラックが入るので、その間におしっこが染み入ることがあります。そういったデメリットも考慮して選んでください。

 

飼い主さんのメニュー

繋いだ犬が動いた時にとっさに抑えたり、手で合図を送ったりできるように、フォークやお箸、スプーンなど片手で食べられるフードメニューが好まれます。両手がふさがるフォーク、ナイフでカットして食べるメニューは敬遠されます。

おすすめはパスタとピザ、お肉料理なら一口大にカットして提供すると食べやすく喜ばれます。

 

ワンコ用メニュー

犬用メニューは用意したほうがいいでしょう。食が細かったり、アレルギーがあるワンちゃんが多くなっているので手作り食に興味を持っている飼い主さんはとても増えています。犬用メニューの試食会や料理教室なども人気です。

ただし、開業時は混み合いますし、スタッフも不慣れなため、犬用メニューは2~3品にしてビスケットなどでアイテムを増やしておきましょう。落ち着いてきたら新メニューとして増やしていったほうが無難です。

 

ルールを作る

みんなが快適に過ごせるようにルールは開業前に作ってください。

・予防接種を済ませた犬のみ可

・発情期時のメス犬の入店はお断り

・リードを着用してもらう

・来店前にトイレは済ませておく

・無駄吠えする犬は不可

・椅子には乗せない。またはシートを敷くなど、

他のお客様に迷惑がかからないよう配慮することが大切です。

 

ワンコグッズ

スペースがあれば、犬のグッズ販売も需要があります。カラフルでおしゃれなものが多いので店のアクセントにもなり、お客様も楽しめます。ネット問屋を使えば少ないロットで仕入れが可能です。店で実際に使用する犬用皿や水入れなど、実際にカフェで使っているものがよく売れます。

 

資格を持つ

ドッグカフェを経営していると、しつけの悩みなど質問を受けることが多々あります。そんなとき資格保持者がいるとお客様が安心します。

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク