toggle
2016-09-21

ステーキを焼くならグリルパンがおすすめです

グリルパン

毎年、夏になると外でバーベキューをするのが楽しみなんですが、今年の夏は雨の日が多くて、バーベキューをする機会が減りました。その代わり、グリルパンを使って野菜やお肉を焼いてバーベキュー風を楽しんでいます。

安いお肉も柔らかく美味しく焼けるグリルパン

チキンでもポークでもビーフでも野菜でも、何でも美味しく焼けるグリルパンを愛用しています。

ワタシが使っているのは30年前から使っている業務用のグリルパン。

グリルパン

だいぶ年季が入った風貌ですが、どこもガタつくこと無く重宝しています。

フライパンで焼くと固くなりがちな安いお肉も、グリルパンなら柔らかく焼きあがるからおすすめ。

編み目に接していない部分は遠火で蒸し焼きされる状態になるので、火が通りにくい厚切りのポークもフライパンより短時間で焼けますし、チキンは皮目がパリッ!身は柔らかくジューシーに焼きあがります。野菜も甘みが増しますよ。

素材に焼き目が付くのがいいですよね。焼いただけなのに本格的な料理に見えるから、ホームパーティーのメインでお出しすると、みんなのテンションが上がります。

余分な油が溝に落ちてヘルシーなのも愛用する理由です。

グリルパンは重いのがネックですが、普段から使っていると慣れてきて気になりません。

グリルパンのサイズは、一人暮らしなら22cm~23cmくらいでもいいんですが、2人前以上焼くなら26cmくらいがおすすめ。それ以上大きいと重いし洗いにくくなります。

 

 

 

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク