toggle
2015-11-12

床、ボロボロですが何か?

15年くらい前のことですが、家の建て替えを計画している時に、飼っていた猫2匹と犬1匹がたて続けに亡くなりました。3匹とも年齢が近かったので亡くなる時期が重なるかもと覚悟はしていましたが、やっぱり現実になると辛くて。こんなに悲しい思いをしたくないから、もうペットは飼わないと決めて、ペットありきで考えていた家の計画を、人が住むだけの家に変更して建て替えをしました。

だからですね、、だから、一番長く過ごす部屋の床はパイン材にしたんです!パイン材は柔らかくて、裸足で歩きたい私にはピッタリ。その代わり、傷はつきやすいけれど、そういうの気にならないし、人が歩いたくらいでできる傷なんて、ペットがいた頃に比べればなんてことない。それくらい頑なにペットは飼わないと決めたはずでした。あの頃は、、、、、

キャバリア

 

しかぁ~~し、子供の頃から、犬猫うさぎ、孔雀にアヒルにオウムに数えきれないほどの鳥たち、そして魚たちに囲まれて育った私が、ペットのいない暮らしに耐えられるわけもなく、数ヶ月でギブ。それどころか反動で、あっという間に犬3匹、うさぎ1匹、猫3匹の大所帯になりました。(亡くなった子がいるので今は5匹です)

 

キャァキャァと自由奔放に遊ぶ7匹にかかれば、柔なパイン材なんて、もう、ご覧のとおり。

キャバリア

 

ボロボロです。

一応ワックスかけていますが、ボロボロです。もっとマメに手入れをすれば、いい状態でいられたかもしれませんが、削れて溝ができている分、犬の足が滑らないから逆にいいんじゃない?なんて思ってしまっているから、こんな状態です。

 

困るのは来客があるときくらい。間違いなく指摘されるので、そろそろワックスをかけて誤魔化さなくては!

 

スポンサーリンク
タグ: ,
関連記事
スポンサーリンク