toggle
2016-06-07

ほぼ日アプリ「ドコノコ」は作り手も読み手も心地よいやさしい空気感が魅力的。

ほぼ日のアプリ、ドコノコ。ダウンロードはお済みですか?最初は混み合っていたのかエラーが出ていましたが、今はサクサク投稿できます。

あ、そっか。目標があるから違うんだ。

ほぼ日刊イトイ新聞さんからリリースされた「ドコノコ」はインスタのように写真にコメントを付けてアップしていくアプリなんですが、犬や猫と人が親しくなるために作られていて災害時の避難所を登録できたりと、犬猫に特化しているのが特徴です。

アプリをダウンロードしたあとユーザー登録をして、家に犬や猫がいる人はどうぶつブックを、そうでない場合は自由帳を作ります。それぞれのペットのページをアプリの中の本として育てていく使い方なので、動物たちのアカウントは「どうぶつブック」というカタチになっています。

私も「モモ」「ムッシュ」「シフォン」「ソラ」「ネネ」そして5匹一緒の「ぬっくのこ」とカプチーノで犬猫を描く「ぬっくのこ番外編」のマイブックを登録しました。

ドコノコ ぬっくのこ

アカウントを「ブック」と呼ぶだけで、写真付きのミニ電子ブックを作るという目標を与えられた感じ。闇雲に更新するのではなく、どんなブックにしようか、どうすれば楽しんでもらえるだろうか、マイブックの編集長として責任感が芽生えたりして。切り口もいろいろあって面白くなりそうな気配。こんなふうに相手の居心地を考えて発信するのはカフェを作るのとチョット似ています。

だからかな、まだ始まったばかりだからとも言えるけど、いい感じに距離感があるのが心地いい。SNSで繋がるのも他人行儀が残っているくらいがちょうどいいように思うのです。

 

開発者の思いがわかるアプリだから大切にしたい。

「ドコノコ」の開発は、いくつかの震災、災害で困った状況になってしまったペットたちがきっかけだったのか、かわいくない!って誤解を受けて捨てられた元ペットたちがきっかけだったのか、ブイヨンがイトイ家に来た時からすでにきっかけがあったのか。

ペットたちにとって重要で大切な場所になるであろう「ドコノコ」。できれば、この先もこんなやさしい空気感が漂うアプリでいてほしいな。

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク