toggle
2015-06-09

犬の言葉。犬の仕草で犬の気持ちを知る。

犬の吠え方や仕草はその時の状況も関係するので一概には言えませんが、どんな時に何故吠えたのか、どんな仕草をしたのか飼い主さんが注意して見ていくと何が言いたいのか分かってきます。

 大型犬の子犬

 

♦吠え方

ワンッワンッ

要求吠えです。

 

ワンッワンッワンッ!ワンッワンッワンッ!

「誰だ!」「何だ!」怖がりのくせに気が強い犬が相手を確かめる為に吠えます

 

ワワワワワン!ワワワワワン!

雷や地震など理解できない恐怖を感じたとき

 

キュン、キュ~ン

可愛い声ですが要求吠えです。

 

キャインキャインキャイン!

怪我をして本当に痛いときと、痛いフリをしているときがあります。

 

ワォーン、ゥオーン

分離不安になっている犬が飼い主さんと離れる時に吠えます。

 

ウォーーーンウォーーーン

サイレンの音や近所の犬に合わせてする居場所を教えあったりする遠吠えです。

吠え方として上記を記載しましたが、一緒に暮していると吠えているのではなく人の言葉を真似てしゃべっているように話すときもあります。ウチの場合はムッシュがごねているとき、吠えると怒られるので「ンゴウ、ングワグググ」と吠えないように何か話そうとしたり、寝ながら寝言のような声を出したりします。

 

♦仕草やボディランゲージ

お腹をみせる

これは誰でも分かりますね。服従のポーズです。

 

伏せておしりを上げる

「遊ぼ!遊んで!仲良くなろう!」

 

顔を上げてお座りをしてしっぽを振る

歓迎のご挨拶です。

 

床を嗅ぎながら一定の場所をくるくる回る

トイレをしたい仕草です。

 

飼い主さんを見上げながらくるくる回転する

飼い主さんが帰ってきた時やおやつを持っている時に嬉しすぎて回ります。

 

目をそらす

怖い時、敵意がないことを表しています。

 

首をかしげる

何かの音が気になっている時です。「何の音だろう?」「飼い主さんは何て言ったの?」と音の意味を探るときにかしげます。

 

あくびをする

緊張をほぐすためや非常に不快なストレスを感じた時に出すカーミングシグナルです。寝起きにするのは、人と同じで、ただのあくびです。

 

足をずっとなめている

傷があって気になってなめている場合とストレスが溜まった転位行動の場合があります。

 

しっぽを追いかけてグルグル回る

ストレスを抱えた転位行動の場合とお尻やしっぽに不快感が合って取ろうとしている時、または遊び足りなくて暇つぶしにしっぽを追いかけるのが癖になってしまった場合があります。遊び足りないのもストレスなので解消してあげましょう。

 

体を左右に揺らしてブルブルってする

緊張の場面から開放されたとき、気持ちを切り替える場合にします。濡れた体が気持ち悪くて左右に揺らすこともあります。

 

小刻みに震える

怖くて不安でたまらないときです。発作持ちの子は発作の前に震えることがあります。

 

前を見据えて耳をピンと張り、左右どちらかの前足を軽く上げる

何か獲物を見つけた時です。遠くに何かいるなと感じた時、警戒しながらこのポーズをとります。

 

後ろ足の間にしっぽを隠す

怖い時、降参するときです。

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク