toggle
2015-02-25

センパイに会えたワン!

さぁ、みんなでお散歩です。←昨日の話です。

 

 

ぐんぐんぐんぐん進んでいきます。

脇目もふらず2匹が急ぐのには訳があるんです。

お目当てはココ。馬場です。

 

ワクワクしながら、あっちキョロキョロこっちキョロキョロ。

 

まだかな、まだかな。

少し待っていると・・

2匹が憧れているセンパイ(勝手に命名)の登場です。

 

半年位前に、この場所でソラが落ち葉の匂いを嗅いでいたら
遠くにいたセンパイが走って寄ってきて挨拶したのが始まり。

 

それからは2匹を見つけると寄ってきてくれるセンパイ。

ソラもムッシュも嬉しくて、会えるのを楽しみにしています。

 

道路わきにある馬場なので、柵が2重になっているため
センパイは1mくらい内側からこちらに近寄れません。

それでも内側の柵から必死に首を伸ばして
犬達に挨拶してくれる心優しいセンパイ。

そんなセンパイのことをソラは好きで好きで大好きで

 

センパイの元へ行きたくて仕方がない。

 

放っておくと、ず~っとセンパイから離れないので
無理やり引き離します。

 

犬の散歩の時間も、センパイが放されている時間も

マチマチなので会えない日もあります。

だからセンパイに会えたときは満面の笑み。

 

 

私が幼い頃は、よく公道で馬が散歩をしていました。
颯爽と歩く様はカッコイイけど
馬の落し物がびっくりするくらいの量なので、
馬を見たら跳ねて飛んで来ない場所に逃げたり、

落し物を踏まないように下を見て歩いたり
「馬」っていったら、つい「落し物」を想像してしまう。

運悪く踏んだ日は
最悪だった・・・

スポンサーリンク
タグ: ,
関連記事
スポンサーリンク