toggle
2016-08-03

今は今にしかなく、過去には存在しない。

今を生きる

一連の選挙関連のニュースを見ていたら、時代錯誤な話題が多くて昭和にワープしたような錯覚を覚えました。

スポンサーリンク

今は過去に存在しない

10代、20代の頃は何も考えなくても「今」を確かに生きていて、30代は「今」を牽引している感じがありました。

40代になると「今」から少しずつ遅れはじめて、

50代になったら頭の中の考え方や感覚の自動更新が止まってしまいました。そのまま何もせず過ごすと、「今」がインストールされずに古い感覚のまま過去を引きずるようになるだけですから、せっせと手動で更新しないとなりません。

国会中継や、ココ最近の選挙の応援演説の内容や都議会の話とか見聞きすると、いつの時代??とのけぞることが多々あります。昔からあることなので渦中の人たちは疑問を持たないのでしょうけど、今求められているのはそこじゃないんですよね。たくさんの経験や知識は、今に置き換えてこそ有益なのに、古いバージョンのままでいるのを見せられると残念に思うし歯痒く感じます。

私たち世代のおじさんやおばさんと、その上の方々の知識や経験が、面倒くさいと言われるか、未来を創る情報として残るかは、それぞれが自分の更新ボタンを押すかどうかで決まるんじゃないかな。

そして、そのボタンは自分の感覚が古いのを認めるだけで意外なほど簡単にポチれます。

 

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク