toggle
2015-06-08

ギフトショーへ行ってみよう|雑貨カフェ開業

雑貨の見本市、ギフトショーへ行ってみよう。

年数回各地域で開かれるギフト・ショーは雑貨卸やメーカー、バイヤーが集まる大規模な見本市です。

 当日必要なものは招待券と名刺です。

 

名刺

既存ショップは取引先から招待券が送られてきます。そうでない場合は主催する(株)ビジネスガイド社に問い合わせて招待券を送ってもらう必要があります。

名刺はたくさん用意してください。どのブースも話を聞く前に名刺交換しますので、あっという間に無くなります。

東京の場合は東京ビックサイトで行われます。1回の出展社数は2500社、20万人集まるトレードショーなので、慣れていても一日で回りきれないくらいです。

これほどたくさんの商品を直に見て触って、商談できる機会は他にないので、勉強のためにも一度行ってみてください。初めての方は商談の仕方もわからず不安になるかもしれません。でも大丈夫。初心者はあなただけではありません。

会場に入ると、人の多さと熱気で圧倒されます。至る所で商談が行われているので、初心者の方は戸惑ってしまうかもしれませんが、心配は無用です。出展している方も新規の取引先を増やすために出展していますから、初めてなので教えてほしいと伝えれば、丁寧に答えてくれます。それを何度も繰り返していけば、帰る頃には初心者マークが取れていることでしょう。

出展メーカーによっては取引できないと返答されることもあります。同一地域ですでに取引しているショップがある場合や、店舗規模が求めているものと違う場合などです。がっかりするかもしれませんが、全く気にすることではありません。マッチングするための場所なのですから、まれにそういったこともあります。

まずは、気になった所から、どんどん声をかけて経験値を増やしていってください。

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク